しっかり意識をしておきたい乳児の紫外線対策

紫外線対策というと「女性が行っている」というイメージがあるかもしれません。

紫外線対策は、年齢や性別問わずに行いたいことの1つでもあるのです。
特に、乳児はそのダメージを受けやすいので意識的に行って頂きたいのです。

乳児と日光によるダメージについて考てみよう

子供は少し日焼けしたほうが健康的に良い。
そのような言葉を聞いた方もいらっしゃるでしょう。
確かに、1998年までは乳児においても日光浴が推奨される一文が母子手帳に書かれていました。
しかし、今では悪影響やダメージを考えられてから「外気浴」という表現に改められているのです。

日光によるダメージは10年以上経過してシワやシミもしくは免疫力の低下にもつながってしまいます。
乳児のうちに影響が出ていなくても確実に蓄積されているというわけです。
乳児は肌が薄く、バリア機能が不十分です。
日焼けによる炎症ばかりではなく、皮膚がんや白内障発生のリスクを回避するという意味合いにおいても日光対策は大切な事柄といえるのです。
ですから、保護者の方々が正しい知識を身につけてしっかりとケアすることが大切であると考えられているのです。

正しいケアを身につけ実践していくようにしよう

生後1ヶ月を過ぎてくると乳児を外出させることも増えてくるでしょう。
その際には日焼け止めを使ったケアを心がけて頂ければと思います。
腕や足など出をしている部分には必ず日焼け止めを塗布する習慣をつけるようにしましょう。

この際の日焼け止めですが、SPFは10程度・PAは+1のものが肌負担もないと言われていますのでおすすめです。
今では、乳幼児専用の製品なども数多くリリースされていますのでそれらを取り入れて頂くのも良いでしょう。

乳幼児のものであっても、より安心して使用するためにも使用前には「パッチテスト」をしておきましょう。
また、塗りなおしについてですが目安としては2時間が好ましいでしょう。

そして、ベビーカーの日よけを積極的に使うこと・自動車を利用する場合には窓にUVカットフィルムを張ることなどもおすすめです。
また、紫外線量の多い時間を乳児期には避けるということも対策の1つでしょう。
多い時間は「午前10時~午後2時」といわれていますので目安にしてみるという方法もあります。