万が一、紫外線を浴びてしまったときに知っておきたいこと

紫外線が多い時期や時間などにうっかり浴びてしまった。
そのような際には正しくケアをすることが大切です。
肌がどのような状態になっているのかを知ること・誤ったケアをしないことが重要となってきます。

日焼けをするとどのような肌状態になってしまうのか

紫外線を浴びて日焼けをしてしまうと、6時間前後には皮膚に赤みがうまれてしまいます。
そして2日間くらい痛みなどを感じる・乾燥やほてった感覚が生まれてしまいます。

そして、3日ほどかけて皮膚が黒くなってしまうのです。
それは、メラニンの生成が大きく関わっているのです。
基底層と呼ばれる部分の細胞が、申請細胞を生成することでメラニンが上にあがっていきます。

そしてそのこてによって肌表面が黒くなってしまうのです。
要は「日焼け状態」とよばれるものです。
先のような工程をおってこれがなされるために、3日~5日ほどかけて黒味が増すということもあるでしょう。

しばらくすると元の状態に戻ることが大半ではもありますがターンオーバーが正常に機能しないと日焼けが残ったりシミが出来てしまうのです。
それを防ぐためにも正しくケアをしていきましょう。

日焼けをしてしまったときのポイントについて

ターンオーバーを正常化させたいということでピーリングを行うという方もいらっしゃいます。
確かに、ピーリングは古い角質を取り除くことによって正常化することを目的といしていますが、日焼け直後に行ってしまうことによって肌負担をかけてしまう恐れもありますし、肌の機能を考えると効率的な方法とはいえないのです。
日焼け直後ではなく、2週間前後の時間をおいてから取り入れるのがおすすめです。

ケアとしては、日焼けをした直後には「冷やす」ことを徹底させることが大切です。
日焼けとはやけどのことと考えると分かりやすいでしょう。

さらには、肌にあったそして炎症を抑える効果が期待できる化粧品類を取り入れるのも大切です。
いつも使用している化粧品でも、日焼けをしていることによってひりひりするなどということもあるかと思います。

そのような際には使用を中止しましょう。
赤みや痛みが強いという場合には、皮膚科を受診して頂くのも安心できるでしょう。
直後は特に肌に負担が掛からない方法を選択することが大切なのです。