季節と紫外線量と対策方法について

紫外線対策についての意識は高まっているものの、季節に合わせた対策方法というものについて実践をされている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、季節と対策方法という視点で考えていきたいと思います。

1年のうちで一番高い紫外線量はいつなのか

真夏は日焼けをしやすい。それ以外は日焼けをしにくいというイメージがあるかもしれませんが、その量がもっとも多いのは「5月~9月にかけて」といわれています。
意外と長い期間、日焼けの危険性が高まっていることがお分かり頂けるかと思います。

日焼けをしてしまうということは、肌の老化現象を引き起こす要因となります。
だからこそ対策が必要なのですが、敏感になりすぎる必要もないということも同時に認識して頂けたらと思います。

悪いイメージばかりが先行している日光ですが、ストレスが発散できる・体内のビタミンDの合成を促進させるなどといった良い効果もまたあるのです。

ですから、その季節に合わせた対策を行って「健康的に日光と付き合う」ということを取り入れて頂くのが理想的といえるのです。
炎天下に我慢をして長袖を着続けるなどというストレスを感じることは避けたほうが良いでしょう。

日光の量とその時々の対策方法について知っておこう

まずは日光の量が多いときの対策方法について考えて見ましょう。
やはり、汗をかきやすい季節であるということもありますので、日焼け止めはこまめに塗りなおして頂くことが良いでしょう。
日焼け止めは汗で落ちやすい・ムラになりやすいという傾向があります。

その間隔についてですが、3時間から4時間ごとに塗りなおして頂くのがもっとも日焼け止めの効果を高めて頂く方法だとも言われています。

逆に少ない時期にはそこまでこまめに塗りなおしは必要ないかと思いますが、日焼け止めは使用するようにしましょう。
また、地域・時間帯によってもその量に変化が見られやすいので確認しておくのも大切です。

子供においても、刺激が少ない日焼け止めを利用してこまめに塗りなおし肌を守ってあげるようにしたいものです。

春先の日焼けは量が少なくてもダメージは大きいといわれています。
場合によっては夏以上のものになるともいわれるくらいですからしっかりと対策をしたい時期でもあるのです。