安心できる日焼け止め選びと使い方について

紫外線対策として代表的なものがやはり「日焼け止めを使う」ということでしょう。
今では、さまざまな製品もリリースされていますので、個々にあったものを取り入れて頂けるかとも思います。

しかしながら、中にはこの日焼け止めの肌負担を感じるという方もおいでのようです。
そのような場合にも取り入れやすいスタンスというものはあるのでしょうか。

日常的に取り入れやすい日焼け止めの取り入れ方のポイント

まずは「SPF」についてです。
日常生活や軽い屋外作業程度であれば15以内のものが肌負担も掛かりにくく安心で取り入れやすいでしょう。
この際、しっかりと紫外線をガードするために塗りなおしをしっかりと行って頂くことをおすすめしたいと思います。

肌が敏感だという場合には「石油系鉱物油」「香料」「着色料」「オキシベンゾン」「アルコール」などが入っていないものが好ましいでしょう。

成分表をチェックして購入されるのが良いかと思います。
また、実際に製品を手にとって、コーティング力はどの程度なのか?皮膚呼吸が出来るかどうかについてもあわせて見て頂くと良いでしょう。
パッチテストを行い、キメに入り込んでしまって肌がごわつかないかを見るのもおすすめです。

使用感はもちろんですが「落としやすさ」も見ておきましょう。
石鹸で落ちるものは肌負担も低いものであると考えることが出来るのです。

日焼け止めを正しく塗布する方法について考える

いくら肌に合った製品を購入しても、正しい塗布の方法を知らないとその効果も半減してしまいます。
正しい塗布の方法としては以下のような方法が考えられるでしょう。

第一には「均一に塗る」ということです。
フェイス使用などの場合には、目元や口元・小鼻・輪郭などをついつい忘れがちになってしまいますので意識をして塗布すると良いでしょう。
同時に耳にも塗っておくと良いかと思います。

そして「浸透をさせること」です。
自然に角質層に浸透するには30秒ほどなじませる時間があると良いでしょう。

メイク前などすぐにファンデーションを塗ってしまうという女性の方もいらっしゃるようですが、30秒でよいので放置をしてから次のステップにすすめましょう。
また、この際、力が入りにくい中指や薬指を使用して優しく角質層に抑えこむようになじませるのも良いかと思います。