活性酸素と紫外線の関係性について

紫外線に対する意識は高くなってきているともいえるでしょう。

肌に悪影響があるなどということはご存知の方も多いかと思いますが、その背後に「活性酸素」の存在があるのはご存知でしょうか。
そこで、活性酸素と紫外線の関係性について考えてみたいと思います。

活性酸素はある意味「自己防衛」の手段だった?

紫外線が活性酸素を誘発させてしまうことによって、肌にさまざまな悪影響をもたらしてしまいます。
しかし、この活性酸素ですが本来は自己防衛の手段であることはご存知でしょうか。

活性酸素とは、身体の細胞を変容させることによって「外部から身を守るため」に生成させているのです。

活性酸素は、強力な酸化作用があるので、有害物資を滅することが可能なのです。
要するに、身体にとって有害物質を体内に取り入れてしまったり浴びたりすることによって、この活性酸素量が増えるということがいえるのです。

紫外線は、身体にとって「有害である」と判断されます。

浴びることによって、活性酸素が発生し増えてしまうのです。

殺菌能力が高いものでもありますから、増えすぎてしまうと細胞に悪影響を及ぼしてしまうという可能性もあるわけです。
これは、日々のケアの大切さにもつながってくることなのです。

活性酸素を発生させたらどのような影響が出てくるのか

具体的に、活性酸素がもたらす影響について見ていきましょう。
第一には皆さんもイメージとして沸いてくるものかと思いますが「皮膚への影響」です。

皮膚で活性酸素が出てしまうと、皮膚の脂質が酸化してしまうのです。
この酸化によって、シミを作りやすい状態へと導いてしまいます。
「過酸化脂質」と呼ばれているのですが、コラーゲンや線維組織なども同時に酸化させてしまうので、お肌のみずみずしさやハリといったものを失わせてしまいます。

これが老化を早めてしまう要因ともなるのです。
炎天下など強い日光を浴びてしまうのと比例をして、活性酸素も強くなっていき皮膚がんにたいするリスクも高くなってしまいます。
皮膚ばかりではなく、活性酸素は「目」にも影響を及ぼしてしまいます。
活性酸素が目で発生することによって、眼球内にある「水晶体」と呼ばれる部分の成分が変わってしまいます。

変わってしまうことによって、白内障のリスクが高くなってしまうのです。
さらには、結膜にも傷がついてしまうので、かゆみや赤み・痛みの原因となります。