紫外線が与える頭皮や髪の毛に対する影響と対策方法

夏などの時期には特に多くの方が紫外線対策をされていることと思います。

肌を守る・露出をしている部分を守るなどということも習慣化しているという方もまた多いのではないでしょうか。

しかしながら、1年中紫外線を浴びている「頭皮」の対策をしていないという場合もあるようです。

日差しが与えている頭皮に対する影響とはどのようなものなのか

一言でいえば頭皮に「光老化」の影響を与えているといえるのです。
光老化とは、紫外線が肌の奥にまで浸透してしまうことをいいます。
そのことによって、細胞を徐々に壊してしまうのです。

その結果、年齢とは全く関係なく老化を促すことにつながってしまいます。

日光対策として、日焼け止めを塗布するなどという方法がありますが、頭皮ともなるとそれも難しくなってきます。
そして、髪の毛があるということから「守られているのではないか」という誤認識を持っているということも多いようです。

実はこの髪の毛も日光によってメラニンを分解してしまうために焼けたような状態に陥ってしまうのです。
これは、枝毛や切れ毛につながってしまいます。
日光を浴びたときには髪がぱさぱさしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。
これがメラニンが壊れたことによる影響なのです。

日光から頭皮や髪の毛を守る対策方法について

頭皮や髪の毛にも悪影響があると分かったところで、日光から守る方法について考えていきましょう。
もっとも簡単に出来る方法としては「帽子をかぶる」ということでしょう。

年齢や性別関係なくとりいれて頂ける方法かと思います。
また、「日傘」などを使うのも方法の1つです。
日傘というと女性が用いるイメージもありますが、今では男性用の日傘も販売されていますので取り入れてみるのも良いでしょう。

帽子はヘアスタイルが崩れてしまう・日傘は面倒だ・・・などという場合には、ヘアケア剤を効果的に使用していくと良いでしょう。
たとえば、ヘアスプレーにおいても「UVカット効果」が含まれているものも販売されています。

万が一、日光を浴びすぎてしまったと感じるときにはその日のうちにしっかりと保湿やケアをして頂くことが大切です。
頭皮も顔や身体と同じ皮膚であるという認識をもちましょう。