紫外線は肌にどのような影響を及ぼすのか

紫外線は肌に良くない。
その認知度は非常に高いものといえるでしょう。

しかしながら、どのように影響を及ぼしているのかといった部分に就いてはご存じない方もいらっしゃるでしょう。
紫外線は実に肌に対して大きな影響を持っているのです。

UVAがもたらす肌を黒くするという作用について

「UVA」とは、物質を通しやすく雲などの影響を受けにくいものです。
これは、肌に急な影響は与えないものの「蓄積的」なダメージを与えるという特徴があるのです。
徐々に肌の置くまで進入し、肌のハリ・弾力などを失わせる要因ともなってしまいます。

そして、もっとも大きな特性として「メラニン色素の酸化」を促してしまうという作用があります。
簡単に言えば、肌を黒くしてしまうということです。

日焼けによって老化加速のリスクが高まる?

そのときには特に感じることがなくても、長年にわたって日光を浴び続けてしまうことで肌の弾力が低下してしまったりシミができてしまったり、深いしわができてしまったりといわゆる「肌の老化」が促進してしまうのです。

年齢や性別などは関係なく蓄積されていくものですから、日々の対策が大切になってくるのです。
この老化ですが、見た目ばかりではなく皮膚がん誘発の要因ともいわれています。

肌の抵抗力が弱まっている状態の場合や年齢を重ねているほどに先のようなリスクは高まってしまいます。

日に焼けてしまいやすいタイプとしては「日光を浴びるとすぐに赤くなりほとんど黒く残らない」というタイプになります。
黒く残らないために日光に強いのではないか?と思われがちではありますが、実は日光の影響をつよく受けやすい体質であるといわれているのです。

もし、該当するようでしたら意識的に対策をしていくよう心がけましょう。
この刺激によって肌では「メラノサイト」と呼ばれている色素を作っている細胞に指令が届きます。
そしてメラニン色素を作り出してしまうのです。

これがつぎつぎに表皮細胞に受け渡されて過剰生成状態に陥ってしまうのです。
その結果、しみ・そばかすの要因となってしまうわけです。

日常的にあるものですから、毎日のケアや対策が大切となってくるでしょう。
と、同時に日差しを浴びてしまったという場合にはその日のうちに専用化粧品などを取り入れていただくのも大切です。